ナミキファルコンレビュー!!書きっぷりの美しい至高の万年筆!

f:id:stockeizoku:20170308091348j:plain

ナミキファルコンのレビュー記事になります。

 

こんにちは、とっけいです。

 

皆さんはお気に入りの万年筆を持っていますか?

スマホやパソコンの登場によって文字を書く機会は減ったように思いますが、学習・手紙・手帳・日記・メモ書きなど、まだまだ自分の手を使って文字を書く機会は残っています。

無機質なデジタルでは出せない味や個性が現れる手書き文字、愛用の万年筆を使えばより魅力的で心に残る文字を書くことができるでしょう。

 

今回は、書きっぷりが美しい万年筆『ナミキファルコン』をご紹介します。

 

初心者におすすめの万年筆についてはこちらの記事をご参照ください。

stockeizoku.hatenablog.com

 

 

 

ナミキファルコン 

数年前に話題になったナミキファルコンの動画です。是非音を出して聞いてみてください。2:00~が見所です。なんともカッコいい書きっぷりですよね。この動画を見て万年筆にあこがれる人も少なくないはず。

 

ナミキファルコン外観レビュー

f:id:stockeizoku:20170308071237j:plain

ナミキファルコンです。シンプルなデザインに黒・金と品のある配色がシビれます。

 

f:id:stockeizoku:20170308071250j:plain

キャップを外した状態です。流線型のボディが美しいですね。

 

f:id:stockeizoku:20170308072144j:plain

ペン先のアップです。NAMIKIFALCONと刻印されているのがわかるでしょうか。

 

f:id:stockeizoku:20170308071340j:plain

ペン先のアップ別角度から。先端からは毛細管現象でインクが流れます。

 

ナミキファルコン使用感レビュー

f:id:stockeizoku:20170308071129j:plain

実際に使用した印象としては、こんなに滑らかに書くことができる万年筆があるのか、というもの。かつて武豊がディープインパクトに騎乗した際、「走っているというよりも、飛んでいる」とコメントしましたが、ナミキファルコンにおいても同じことが言えます。

これまで数年間ナミキファルコンを使用してきましたが、書き続けて疲れたという経験をしたことがありません。それほどまでに手に力を入れずリラックスして文字を書くことができるんです。

 

書き味が滑らかである一方で、紙に書いた際の筆感が心地よく指に伝わってきます。これも丸型のペンポイントのなせる業なのでしょう。動画程激しくペン先が開閉するということはありませんが、筆圧に応じてペン先が開くため、強弱のついたメリハリのある文字を書くことができます。

 

また、使用するうちにペンポイントが摩耗しインクの滲み方が変わることで、自分好みの味のある文字が書けるようになる、というのもナミキファルコンの魅力の一つです。書けば書くほど自分の手に馴染んでくるというのは憧れてしまいますね。

 

少し褒めすぎたような気もしますが、本当に満足のいく書きっぷりの万年筆です。ナミキファルコン、値段以上の価値があるのは間違いありません。

 

f:id:stockeizoku:20170308071911j:plain

手帳などを使う人であれば、お気に入りの手帳と愛用の万年筆をセットで持つのもいいかもしれませんね。

 

至高の逸品『ナミキファルコン』を愛用の万年筆として選んでみてはいかがでしょうか。

インク

f:id:stockeizoku:20170308074717j:plain

動画で使用しているものと同じインク『月夜』、お洒落な入れ物に入っています。

 

f:id:stockeizoku:20170308091459j:plain

月夜は滲み具合で濃淡が強く出るインクなので、普通に文字を書いているだけで楽しめます。万年筆を使うのであればぜひ持っておきたいインクです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。書き慣れるまではうまく使うこと難しいですが、一度馴染むと万年筆が手放せないようになります。

少し気になるけれどナミキファルコンは高い・・・という方は安価な入門用のモデルで試してみてください。

 

 

stockeizoku.hatenablog.com

 

stockeizoku.hatenablog.com

 

本記事が皆さんの万年筆ライフに役立てば幸いです。

 

stockeizoku.hatenablog.com

 

ではさいなら!