蚊取り線香をデザインする『KATORI POT』子どもやペットがいる家にも!

f:id:stockeizoku:20170801124256j:plain

蚊取り線香をデザインするKATORI POT』を購入しました。

 

どうも、蚊取り線香の匂いが大好きなとっけいです。

蚊取り線香というと、夏になると現れるアイツ、蚊を退治するために使うものですが、

 

・個人的に蚊取り線香の匂いが好き

・夏場は湿度も高くアロマを焚くのに少し抵抗がある

 

ということで、夏場はアロマ代わりにかなりの長時間蚊取り線香を焚いています。

使う機会がとにかく多いためか、キンチョーの線香についてる台座にそのままセットするのもなんだか味気ないなーと感じていました。せっかくならもう少しオシャレにインテリアとしてうまく溶け込ませたい。イイ感じに飾れる物はないだろうか、と探したところ、見つけました。

そこで今回は、蚊取り線香をデザインする『KATORI POT』をご紹介します。

蚊取り線香をオシャレに部屋に飾れるだけでなく、ヤケドの心配もなくなるので、小さなお子さんやペットがいる家庭にもおすすめですよ。

KATORI POT開封

f:id:stockeizoku:20170801124253j:plain

蚊取り線香がポットの中に入っているので、『KATORI POT(蚊取りポット)』です。蚊取り線香をデザイン性のあるインテリアに変えることを目的としているため、箱の外装もオシャレ押しですね。

 

f:id:stockeizoku:20170801132715j:plain

箱のあけると、中には『KATORI POT』の下皿と上蓋の2つが入っています。

下皿だけで使うもよし、上蓋とセットにして使うもよしといった作りになっています。

 

KATORI POT使用レビュー

f:id:stockeizoku:20170801124256j:plain

さっそくセットして使ってみるとこんな感じですね。

上蓋もありますが、ぐるぐる渦巻いている蚊取り線香が少しずつ燃えていく様子を見たい、という方はこうして下皿だけで使うといいかもしれません。

個人的には下皿に水を入れておくのがおススメです。燃え落ちた灰が風で舞うこともなくなり火事の心配も減る、さらには『ジュッ…』という燃え尽きた灰が水面に落ちる音に癒されること間違いなしです。

 

上蓋を使えば小さな子供やペットがいる家庭でも安心!

f:id:stockeizoku:20170801132737j:plain

蓋を閉じて使えば、アロマポットみたいな感じになります。蚊取り線香を完全に見えなくした状態で部屋に溶け込ませたいという方はこちらのスタイルですね。

蚊取り線香に直に触れることができなくなるので、これなら小さなお子さんやペットがいてもヤケドの心配もなくなります。

上蓋に空いた穴から蚊取り線香の煙がふわーっと出てくるの様子はほんのりと癒されますよ。

 

f:id:stockeizoku:20170801124259j:plain

『KATORI POT』、蚊取り線香を使う機会の多い僕にとっては、毎回いい気分で線香を焚けるようになるうれしいアイテムでした。

蚊取り線香をそのまま付属の台座にセットしているという方。

今年の夏は蚊取り線香をデザインしてみてはいかがでしょうか。