歯周病が原因の口臭を予防するおすすめアイテム【スメハラ対策】

スメハラ対策として歯周病が原因の口臭を予防するおすすめアイテムをご紹介します。

 

こんにちは、歯周病菌感染者のとっけいです。

 

一応まだ20代だというのに歯茎が下がり始めています。このままいくと30代の内に老婆のような口元になりかねません。

心配になって歯茎下がりで調べてみると、『主な原因は歯周病で、ひどくなると歯が抜け落ちる恐れがある』だなんて恐ろしいことが書かれています。まあ、そんなのは重症化した時の話で、一番恐ろしいのは、歯周病になると口がクサくなるということ。

 

はあ・・・口クサって相当まずいよなあ・・・マスクをすると自分の息を臭く感じるし・・・会話なんてできたもんじゃないですよね。

 

そんな恐ろしい歯周病、日本生活習慣病予防協会によると日本人の8割が歯周病菌に感染しているという調査結果があります。これを読んでいるあなたもきっと歯周病かも知れません。仲間ですね。うれぴー!

 

ということで、絶賛歯茎下がり中で歯周病の僕が歯周病対策について調べてみました。

 

 

歯周病菌が繁殖して毒素を出す

虫歯はわかりやすいけれど、歯周病ってなんだかわかりにくい。勝つためには敵を知ること、まずは歯周病について知る必要があります。(知らなくても対策さえとればOK)

 

歯周病(ししゅうびょう)とは、歯肉、セメント質、歯根膜および歯槽骨より構成される歯周組織に発生する慢性疾患の総称である。

歯周病 - Wikipedia

 

歯周病菌が繁殖し、毒素を出すことで歯を支える組織に炎症を起こす、このように歯の周りで起きる症状を総称して歯周病というわけですね。重症化すると歯槽膿漏などを起こし歯が抜けてしまうこともあります。怖いですねー。

 

歯周病菌感染者はスメハラ加害者になりかねない

f:id:stockeizoku:20170306075047j:plain

大事なことなんですが、歯周病の人は重症化していなくても口がクサイです。

重症化したら大変!なんていうのはどんな病気でも当たり前のこと、歯周病菌に感染したら口臭を防ぐことが重要です。何しろ歯周病菌感染者は声を発するだけで毒ガスを放射してしまう生物兵器なのですから。

 

そんな歯周病感染者ともなると会話をするだけで、スメハラだと訴えられてしまう恐れがあります。日本人初のプロ格闘ゲーマーではありませんよ。スメハラです。

 

スメルハラスメント(和製英語: smell harassment)は、臭いにより周囲を不快にさせる嫌がらせのことである。

スメルハラスメント - Wikipedia

 

家に引きこもっているのであれば例外ですが、生活する以上、他者との会話を避けることはほとんど不可能です。会話するたびに相手に不快感を与えてるかもしれないなんて、考えただけでコミュ症に拍車が掛かってしまいますよね。

 

このように恐ろしい歯周病ですが、しっかりと対策を取ることで口臭を予防することができるんです。

 

歯周病対策

歯周病が原因の口臭を予防するためには、口内の歯周病菌の繁殖を抑える必要があります。歯垢・歯石は歯周病菌のすみかになりますから、毎日必ず取り除かなくてはいけません。歯ブラシ・歯間ブラシ・Y字フロス・マウスウォッシュなどを使って歯をツルツル綺麗な状態に保ちましょう。

 

歯ブラシ

潰れたり毛が抜けていなければどのような歯ブラシでもいいと思いますが、振動機能付きの方が効率よく磨くことができます。一番大事なのは磨き方です。なるべくブラシを小刻みに動かして、全面磨くようにしましょう。

 

ハミガキ粉

歯周病菌を予防するのであれば、歯周病菌に効く歯磨き粉を使ったほうのが良いのは言うまでもありません。ジェルコートFには歯周病菌を殺菌する効果のある塩酸クロルヘキシジンが含まれています。

歯磨き粉の変更は口臭予防の第一歩です。効果がわかりやすいので、とりあえず試すというのであればこの歯磨き粉がいいでしょう。

 

L字型歯間ブラシ

歯間ブラシを使うと、歯ブラシだけでは満足に磨くことのできない歯間にしっかりと入り込み、ゴソゴソと歯垢を取り除くことができます。試験管ブラシを洗うようなイメージですね。

歯間ブラシを使ったことのない人が使うと、口をゆすぐ時に水が歯間を通過する爽快感&感動を味わうことができます。

 

Y字型デンタルフロス

フロスを使うことで、歯間ブラシの届かない箇所を磨くことができます。が、通常のフロスでは奥歯の歯間を磨くことはできません。側面から無理矢理入れても、磨くことのできない角度があるため、どうしても歯垢が残ってしまいます。

そんな時には、Y字タイプの歯間ブラシを使いましょう。Y字の形状をしているため、奥歯の歯間も簡単に磨くことができます。歯垢は歯周病菌のすみかですから、しっかりと落とすよう心がけましょう。

 

マウスウォッシュ

意外と多いのがマウスウォッシュの習慣がない人。実は、歯磨き・歯間ブラシ・Y字フロスを用いてもなお落とし切れない歯垢があります。マウスウォッシュを使うことで、液体だけが届く場所の歯周病菌も撃退することができます。

マウスウォッシュに慣れていない方の場合、口を水ですすいだ状態で歯磨きを終えないことにものすごい違和感があるかもしれませんが、口臭で周りに不快感を与えるよりは100倍マシですので、歯磨き後には欠かさずマウスウォッシュをするようにしましょう。

 

ガム

大事なのがガムです。普段食べ物を食べていない時には唾液の量が減少し、歯周病菌が繁殖しやすい環境が整ってしまいます。常に唾液で口の中を湿らせておきましょう。口呼吸なんてもってのほかですよ。

種類について、キシリトール入りのものであればより効果は高いですが、自分の好みのものでもいいと思います。ちなみに僕の場合はコーラガムです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。歯周病のせいでスメハラ野郎だなんて思われたら最悪ですよね、僕も上記の対策を取ることで口臭をほとんど無臭にまで抑えることができました。

自分の口臭がもし心配であれば、家族など聞きやすい人にお願いして判断してもらいましょう。もしそれが難しいという人は、マスクをつけた時に口呼吸をすると口臭を自覚出来るので是非試してみてください。

 

本記事が皆さんの歯周病予防ライフに役立てば幸いです。

 

口クサが解消したあなた、足クサは大丈夫でしょうか。

stockeizoku.hatenablog.com

 

stockeizoku.hatenablog.com

 

 花粉症に悩んでいる方にはこちらの記事がおすすめです。

stockeizoku.hatenablog.com

 

ではさいなら!