読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高尾山のコンクリートロードをずっと行ってきた。

f:id:stockeizoku:20170222144700j:plain

こんにちは、山登りに興味が湧いてきているとっけいです。

 

つい先日伊豆の大室山を訪れたばかりですが、今度は高尾山に登ってきました。

stockeizoku.hatenablog.com

都内有数の山、高尾山

高尾山の標高は599m、スカイツリー(634m)よりも低く、富士山と並ぶためには6.3個分も必要になります。そんな低い山でもぜーぜー息を切らしながら登りました。たばこ止めようかな・・・

 

f:id:stockeizoku:20170215025908p:plain

東京駅から約1時間半、中央線に乗って向かう。

 

f:id:stockeizoku:20170215024740j:plain

高尾山口駅に到着。

  

f:id:stockeizoku:20170215024838j:plain

驚いたことに駅中に温泉があるのだ。

 

f:id:stockeizoku:20170215024842j:plain

券売機と温泉の入り口が並ぶなかなかシュールな画。

 

f:id:stockeizoku:20170222144700j:plain

なかなか立派な駅前、昔はもっと地味だったらしい。

 

f:id:stockeizoku:20170215030026j:plain

改札正面には高尾山の案内図が置かれている。

 

f:id:stockeizoku:20170215030045j:plain

趣のある小道を通って高尾山ふもとへ向かう。

 

f:id:stockeizoku:20170215030056j:plain

奥に見えるのがリフト乗り場。リフトを使うなど邪道だと息巻いたが、後悔することになる。

 

f:id:stockeizoku:20170215030100j:plain

山登りの「や」の字も知らない初心者のため、1号路を通ることにする。

 

登頂開始

f:id:stockeizoku:20170215030748j:plain

一号路スタート地点。

 

f:id:stockeizoku:20170215030840j:plain

コンクリートロードが続く。コンクリートロードはやめたほうがいいぜ。

 

f:id:stockeizoku:20170215030901j:plain

車が通ることに驚く。さすがコンクリートロード。

 

f:id:stockeizoku:20170215030938j:plain

切り返しながら山を登っていく。正直この時点で息も切れ切れ、写真を撮るふりして休み休み登っていた。

 

f:id:stockeizoku:20170215031027j:plain

少し登って上から撮った写真。

 

f:id:stockeizoku:20170215031113j:plain

まだまだ進む。

 

f:id:stockeizoku:20170215031149j:plain

展望台に到着。見晴らしがいい。が、まだまだ山頂には遠い。油断せずに行こう。

 

f:id:stockeizoku:20170215031208j:plain

ようやく平坦な道に、コンクリート舗装と電信柱のせいで山の中とは思えない。

 

f:id:stockeizoku:20170215031237j:plain

思い出とゴミは持ち帰ろう。大事だ。

 

f:id:stockeizoku:20170215031304j:plain

まだまだコンクリートロードは続く。天沢聖司の顔がチラつく。なによ!!やな奴 やな奴 やな奴!!

 

f:id:stockeizoku:20170215042305j:plain

ようやくリフト到着地点にたどり着く。もう足腰がクタクタだ。帰りはリフトを使おうと決意。

 

f:id:stockeizoku:20170215042319j:plain

高台らしきものが見える。ので進むと・・・

 

f:id:stockeizoku:20170215043015j:plain

絶景だ。奥にスカイツリーが見える。この景色を見て感動できるのも足を使って登ってきたから。

 

f:id:stockeizoku:20170215043322j:plain

ちなみにここまでで約30分。身体にかかった負担は相当なものだが、大して時間は経っていない。ちなみにこのG-SHOCK、自分では相当気に入っている。

【G-SHOCK】海外旅行におすすめの時計GW-7900Bを購入してみた - すとっけいぞく

 

f:id:stockeizoku:20170215042332j:plain

喉が渇いたのですぐそばにある自動販売機を使う。山税がかかっているが、背に腹はかえられない。

 

f:id:stockeizoku:20170215043244j:plain

目の前にビアマウントがあったので登る。

 

f:id:stockeizoku:20170215051928j:plain

平日のためか、人がいない。

 

f:id:stockeizoku:20170215043300j:plain

展望台からの景色。

 

f:id:stockeizoku:20170215043254j:plain

反対側、高速がイカす。山に穴が開いている様は秘密基地みたいでカッコいい。

 

f:id:stockeizoku:20170215043307j:plain

高尾山ピンズDX。こういうのには弱い。

 

f:id:stockeizoku:20170215043314j:plain

高尾山頂を引き当てた。何としても山頂までいかねば。

 

f:id:stockeizoku:20170215052114j:plain

先に進むとなにやら、厳かな雰囲気。

 

f:id:stockeizoku:20170215052120j:plain

日が落ちてから見ると、点灯していてきれいなのだろう。

 

f:id:stockeizoku:20170215052151j:plain

分かれ道、選択肢があるときには困難な方を選ぶ。

 

f:id:stockeizoku:20170215052201j:plain

何段あるか数えようと登ったが、すぐに忘れてしまった。完全に疲労に支配されている。

 

f:id:stockeizoku:20170215052212j:plain

苦抜け門。くぐってみよう。

 

f:id:stockeizoku:20170215052215j:plain

読めるだろうか。

三密とは

仏教では人間の日常生活は三蜜 身(身体)口(言葉)意(心)の三つの働きで成り立っていると考えられております。これこそが煩悩の元であり、身業 口業 意業の三業であるといわれます。この三蜜の道を歩くとき煩悩(わずらい なやみ)を消すことを心に念じて歩いてください。

 

 

f:id:stockeizoku:20170215061452j:plain

念じながら歩く・・・といいつつちゃっかり写真を撮っているのは内緒だ。

 

f:id:stockeizoku:20170215061504j:plain

上には教会のような建物がある。

 

f:id:stockeizoku:20170215061518j:plain

先を進むと卒塔婆がびっしりと並んでいる・・・というわけではなくスポンサーの名前が掲げられている。

 

f:id:stockeizoku:20170215061525j:plain

寺に入る。

 

f:id:stockeizoku:20170215061541j:plain

二人(二羽?)の天狗象、迫力がある。

 

f:id:stockeizoku:20170215061554j:plain

厄除け開運のために、照れながらくぐってみた。

 

f:id:stockeizoku:20170215061610j:plain

寺の中。

 

f:id:stockeizoku:20170215061619j:plain

山頂まではあと少し、寺を通って登っていく。

 

f:id:stockeizoku:20170215061629j:plain

お祈りをして先に進む。

 

f:id:stockeizoku:20170215061640j:plain

コンクリートロードではなくなっている。

 

f:id:stockeizoku:20170215061654j:plain

視界が開けてきた。おそらく山頂だと疲れが吹き飛ぶ。

 

遂に到達

f:id:stockeizoku:20170215061700j:plain

ついに山頂だ。599.15m、リフトを使わず登ってきた自分を褒めてあげたい。

 

f:id:stockeizoku:20170215061806j:plain

山頂の眺望を楽しむべく、展望台へ向かう。

 

f:id:stockeizoku:20170215061913j:plain

山々が並んでいる。奥に富士山が見えるがわかるだろうか。

 

f:id:stockeizoku:20170215061930j:plain

 帰りはリフトケーブルカーを使いました。自分に優しくなってしまうのは人間の性である。

※リフトではなく、ケーブルカーとの指摘を受けたため修正しました。mfigureさん、ご指摘ありがとうございます!

 

 

 

先日は伊豆に行きました。

stockeizoku.hatenablog.com

 

ではさいなら!