読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/14は煮干の日!ということで煮干について調べてみた【全国煮干協会】

f:id:stockeizoku:20170212071331j:plain

こんにちは、今年も来年も再来年もチョコを貰う予定のないとっけいです。

 

2/14はバレンタインデー以外にも、煮干の日として定められていることをご存知でしょうか。

 

バレンタインデーが近付くにつれ、テレビを付ければ甘酸っぱいCMが流れたり、買い物をすればレジ周りにチョコレートが目につくようになりました。このバレンタインデーの影響は現実世界に留まるだけでなくネット上にも波及しており、ニュースサイトをみれば「彼に喜ばれるチョコレートの渡し方7選」だとか「必ず成功!手作りチョコレートのおいしい作り方」といったバレンタインに因んだ記事を散見します。

この毎年起こるイベント、チョコレートと縁のない人間にはあまりにも苦痛です。心休める場所はどこにもなくなってしまったのでしょうか。

 

きっとそんなことを考えている人は僕以外にもたくさんいるはず。ということで甘いチョコと対極にある、渋くて若干苦い煮干について調べた記事を投稿したいと思います。本記事がバレンタインデーと無縁の方の避難所として機能すれば幸いです。

 

 

なぜ2/14が煮干の日なのか

f:id:stockeizoku:20170212073431p:plain

<全国煮干協会公式ロゴ>

に(2)ぼ(1=棒)し(4)』という語呂合わせで、1994年に全国煮干協会が煮干PRのために制定されたことが始まりのようです。

ロゴのシンプル(てきとう)さはさておき、少年(少女?)の目が魚になっていたり、指が2になっているところがポイントです。

 

そもそも煮干とは

f:id:stockeizoku:20170212072740j:plain

はじめに煮干の定義について農林水産省の農林規格をみてみましょう。

区分

基準

上級

標準

形態

1 肉締まりが優良で、かつ、皮剥げがなく、腹切れしたもの(腹が割れ、内臓が抜け落ちたものをいう。以下同じ。)が10%以下であること。

2 頭落ちしたもの(頭部が外れた魚体をいう。以下同じ。)がほとんどないこと。

3 体長がほぼそろっていること。

1 肉締まりが良好で、かつ、皮剥げがなく、腹切れしたものが30%以下であること。

 

2 頭落ちが少ないこと。

 

色沢

固有の優良な色沢を有し、油焼けによる黄変がほとんどないこと。

固有の良好な色沢を有し、油焼けによる黄変が少ないこと。

香味

固有の優良な香味を有し、油焼臭がないこと。        

固有の良好な香味を有し、油焼臭がほとんどないこと。        

きょう雑物

ほとんどないこと。

同左

粗脂肪分

5%以下であること。

8%以下であること。

水分

18%以下であること。

同左

原材料

食品添加物以外の原材料

次に掲げるもの以外のものを使用していないこと。

1 まいわし、かたくちいわし、うるめいわし及びまあじ

2 食塩(魚類を煮熟するときに使用する場合に限る。)

同左

食品添加物

酸化防止剤(ミックストコフェロールに限る。)以外のものを使用していないこと。

同左

異物

混入していないこと。

同左

内容量

表示重量に適合していること。

同左

<農林水産省:煮干魚類の日本農林規格:農林水産省

イワシやアジの小魚を煮て干したいい感じのものを『煮干』と呼ぶようですね。水分量が18%以下でないと煮干ではないようです。たしかに水々しい魚を煮干とは呼びたくないですからね。

ちなみに上級や標準といった規格は食品に定められた区分で、魚・肉だけでなくカップラーメンにまで定められています。

 

また、Wikipediaでは次のように説明されています。

煮干し(にぼし)は小魚を煮て干したもので、主に出汁をとる材料として使われるほか、そのまま、あるいは乾煎りにするなどで食べられている。カタクチイワシで作ったものが最も一般的だが、マイワシ、ウルメイワシ、キビナゴ、アジ、サバ、トビウオ(あご)などを原料としたものもある。イリコ(炒り子)、じゃこ(雑魚)、だしじゃこ(出汁雑魚)など多くの別名がある。

 

農林水産省の規格よりも含まれている魚の幅が若干広いようですが、こちらのほうが現実に即していそうですね。ただ、トビウオまでが煮干になっているとは知りませんでした。

 

圧倒的に少ない煮干の年間消費量

f:id:stockeizoku:20170212081502p:plain

チョコレートと煮干の1人あたり年間消費量(2014年)

<参考:地域の入れ物

 

上の図はチョコレートと煮干の1人あたり年間消費量です。煮干の68gに対してチョコレートはなんと1155gと約20倍も差がついています。

チョコレートがどれだけ食べられているか、煮干がこれほどに食べられていないのか、ということがひと目でわかります。

 

チョコ食べたいなーとは思っても、煮干食べたいなーとはなかなか思わないですからね。

 

ちなみに全日本菓子協会では数値算出の方法が違うのか、チョコレートの1人あたり年間消費量は約2kgと更に差は広がることになります。

 

やはりカルシウム不足には煮干しが効く

f:id:stockeizoku:20170212090046p:plain

にぼしの栄養素(食材100gあたり)
カルシウム:2,200mg
鉄分:18mg
ビタミンD:720IU
DHA:0.42g
EPA:0.26g

 

含まれているカルシウム量が多いことに加えて、カルシウムの摂取を促進するビタミンDも豊富に含まれていることから、カルシウム補給といえば煮干というイメージは間違っていなかったようですね。

一方でカルシウムを摂取しすぎると体内で析出することとなり、高血圧・動脈硬化・腎臓障害・尿管結石を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

 

日本食には欠かせない煮干

f:id:stockeizoku:20170212091124j:plain

ナッツや枝豆のようにおつまみとして求められる煮干ですが、その真価を発揮するのはダシの原料として使われたときといえるでしょう。炊き込みご飯、お味噌汁、魚介系うどん・そば・ラーメンなどなど日本食には欠かせない存在になっています。はあー魚介ラーメン食べたい。

 

私たちの食生活は煮干に支えられているといっても過言ではないでしょう。(過言)

おわりに

いかがでしたでしょうか。バレンタインデーに気を揉んでいる方も、バレンタインデーとは無縁の方も、本記事を読んで気分転換をして頂ければ幸いです。

 

先週までは、ひょっとして誰かからチョコレートを渡すべく突如連絡をもらえるのではないか、などと淡い期待を胸に抱いていたわけですが、当然の如くそのような事はなく、期待は霧散水泡と化してしまいました。

 

毎年このような思いをするのも、ひとえに僕自身の人間的魅力の無さに尽きるかと思います。はあ・・・

 

stockeizoku.hatenablog.com

 

ではさいなら。