読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

is beautiful 伊豆③【大室山】

f:id:stockeizoku:20170202061618j:plain

is beautiful 伊豆

前回記事の続き

stockeizoku.hatenablog.com

大室山

城ヶ崎海岸・一碧湖を見終えた後、徒歩で大室山に向かう。

f:id:stockeizoku:20170202012620j:plain

城ヶ崎海岸からは徒歩で2時間程かかるので、素直にバスを使ったほうがいい。

 

f:id:stockeizoku:20170202012954j:plain

リフト乗り場。大きな鳥居がお出迎え。

 f:id:stockeizoku:20170202235553j:plain

山頂は周回することができる。くぼみをうまく活かしてアーチェリー場にしているようだ。

 

f:id:stockeizoku:20170202060934j:plain

大室山に登る前にうどん屋で腹ごしらえ。

 

f:id:stockeizoku:20170202060849j:plain

月見うどん。旅行先で食べる食事のおいしさは5割増しだ。

 

f:id:stockeizoku:20170202013123j:plain

食事を済ませたらリフト乗り場に向かう。写真で伝わるかわからないけれど、角度がちょっと怖い。

 

f:id:stockeizoku:20170202013414j:plain

リフトに乗って上る。乗ってみると思ったより地面が近い。

 

f:id:stockeizoku:20170202061354j:plain

頂上付近に写真撮影のポイントがある。わずか30秒ほどで頂上に着くが、その頃には写真を現像していかがですかとすすめてくる。すごいスピード感!ちなみに値段は1枚1000円。記念に買ってしまった。

 

f:id:stockeizoku:20170202061618j:plain

頂上に着き辺りを見回すと絶景だ。奥には富士山。見晴らしのいい日はスカイツリーまで見えるという。残念ながら見ることができなかった。

 

f:id:stockeizoku:20170202061810j:plain

大室山中央のくぼみの部分はアーチェリー場になっていて練習することができる。下のリフト券売り場で事前に券を買っておく必要がある。

 

f:id:stockeizoku:20170202062022j:plain

通路に沿って進むと地蔵がある。

 

f:id:stockeizoku:20170202223912j:plain

安産・縁結びのご利益があるそうだ。僕にもいい縁があることを願ってお祈りをする。

 

f:id:stockeizoku:20170202225139j:plain

先に進むと頂上だ。

 

 

f:id:stockeizoku:20170202224156j:plain

少し靄が掛かっている。斜面が急なので少し前に踏み出すと落ちてしまいそう。

 

f:id:stockeizoku:20170202224218j:plain

三角点にはなぜか小銭が置かれている。観光地ならでは。

 

f:id:stockeizoku:20170202224245j:plain

先ほどの地蔵からアーチェリー場をはさんだ反対側にも地蔵がいた。

 

f:id:stockeizoku:20170202225501j:plain

海上安全・海難防除・大漁祈願、僕にはあまり関係なさそうだがこちらも祈っておく。

 

f:id:stockeizoku:20170202224255j:plain

かわいい石。

 

f:id:stockeizoku:20170202224441j:plain

 天国に行ってしまいそうだ。

 

f:id:stockeizoku:20170202232224j:plain

犬を連れて歩いている人がちらほらいた。抱きかかえてリフトを登ってきているようだ。犬と大室山を散歩できたら幸せだ。

 

f:id:stockeizoku:20170202232315j:plain

高いところには必ずある双眼鏡。100円で100秒見ることができる。

 

f:id:stockeizoku:20170202233126j:plain

 あっという間に大室山を見終え下山する。名残惜しい。

 

is beautiful 伊豆

 

おわりに

今回の旅行で、僕の中で老後住みたい街ランキング1位に伊豆が君臨した。少し歩くだけで見ごたえのあるものがたくさんある。また違う季節に行って景色の変化を楽しみに行こう。今回は伊豆の東側しか見ていないけれど、南・西が残っている。見るべきものがたくさんだ。

 

本記事が皆さんの伊豆ライフに役立てば幸いです。

 

高尾山にも行きました。

stockeizoku.hatenablog.com

 

他にもいろんな場所に行ってみたいです。

 ではさいなら!