SWISSTECHユーティリティーキーツールを使ってみたらなかなか便利だった

f:id:stockeizoku:20170130201200j:plain

十徳ナイフとかライトとか双眼鏡とか、ガジェットって男心をくすぐる。実際、そこまで使う機会はないのだけど、持っているだけでなんだか嬉しい。小学生のころから100均にあった十徳ナイフをランドセルに忍ばせていた僕にとって、こういった便利グッズは大きな存在だ。

そんな僕が先日、常備するのに便利なキーツールを購入したので紹介したい。

 

SWISS+TECH ユーティリティーキーツール

鍵の形をしているので、キーリングにそのままつけることができて非常に便利だ。ビンのお酒を飲みたい時、買った商品のタグを切りたい時、眼鏡のネジが緩んだ時などに使うことができる。これだけで下記の6機能だ。

 

・栓抜き

・プラスドライバー

・マイナスドライバー

・眼鏡用ドライバー

・ナイフ

・ブレード

 

f:id:stockeizoku:20170219053031j:plain

パッケージの表面、6通りの使い方が表示されている。Amazonレビューを見てみるとまがい物が届くという話があるけれど、金属が曲がっているということもなく問題なく使えている。

※偽物は無地の紙とビニールに包まれて?送られてくるらしい。

 

f:id:stockeizoku:20170130164236j:plain

パッケージの裏面にはドライバー・ナイフ・栓抜きとして使用している写真が載っている。

 

f:id:stockeizoku:20170130164320j:plain

閉じている状態ではナイフやブレード、栓抜きが内側に来るので安全だ。

 

f:id:stockeizoku:20170130164400j:plain

キーツールを使用するときは開いて使う。内側のナイフでケガしないように注意しよう。

 

f:id:stockeizoku:20170130164442j:plain

 90度まで開くと一度引っかかるようになっている。カギの頭についているマイナスドライバーと眼鏡用のドライバーはこの状態で使う。

 

f:id:stockeizoku:20170130185122j:plain

最大180度まで開く。ナイフやブレードはこの状態で使う。本物のナイフと同じように握りこんで使うと手を痛めるかもしれない・・・

 

f:id:stockeizoku:20170130185245j:plain

栓抜きはこのようにして使うことができる。試しに使っているのは僕が大好きなヴァイエンステファンドゥンケルだ。お酒の中で一番うまい!(と思っている)

stockeizoku.hatenablog.com

 

f:id:stockeizoku:20170130201200j:plain

実際にキーリングに装着するとこんな感じだ。鍵の形をしているのため違和感が全くない。

 

ぜひお試しあれ

 

余談だけれど、鍵の写真をネット上に載せるのはなかなか危険だ。メーカーと鍵番号がわかればネットで同じ型のカギを注文できるからだ。加えて、SNSで位置情報を連携なんてしていたら・・・危険なので注意しよう。

 

おまけ

似たような商品としては下のようなものがあるけれど、カギに装着する形になるため、使用時に毎回着脱しなければならない。それって結構な手間だ。カギを取り出すのでさえ手間なのに、着脱もしないといけないって面倒臭い。けどおしゃれ度はこっちのほうが高い気がしている・・・実用性を取るかおしゃれ度をとるか・・・

 

本記事が皆さんの キーツールライフに役立てば幸いです。

 

www.stockeizoku.com

 

ではさいなら!