ジェットコースターを楽しみたい・・・乗り物酔いを解消するアネロンの効果

こんにちは、乗り物に酔いまくるとっけいです。

 

はじめに結論を書いてしまうと、

 

乗り物に酔いやすい人がジェットコースターに楽しんで乗るためには、アネロンを服用すること。

 

以降、無駄な文章が入っているので結果だけ見たい方は飛ばしてください。

 

僕は驚くほど乗り物に酔いやすいです。

 

飛行機・自動車・船はもちろんのこと、日々使っている電車でも酔ってしまいます。

だいたいは成人になると乗り物酔いは収まるだとか、自分で車を運転するようになると酔わなくなるというけれど、僕には一切当てはまりませんでした。

 

歳をとって酔いやすい大人になっただけでした。

何をしても乗り物に酔う 

さすがに自分で運転していると酔わないだろうと思うかもしれないけれど、僕は自分で運転していると車にも酔ってしまいます。状況は相当深刻です。

 

友達と旅行に行こうものなら大変です。目的地に着いた頃にはもう吐き気でいっぱいだし、下手したら吐いてます。吐いてしまえばしばらく酔いはすっきりするけれど、車内は大惨事。身内だけの乗り物であればまだネタにもなりますが、公共機関であれば目も当てられません。

 

幸運にも吐かずにたどり着けたとしても、周りのみんなのテンションが最高潮のところで、僕のテンションは・・・観光を楽しむどころではないです。

 

乗り物酔いを気にするディズニーランド

ディズニーランドも同様です。 ディズニーランドに行く際には気合いを入れてから臨むようにしています。

 

まず、入口ゲートまでのモノレールが気持ち悪い。あれだけ角度をつけて移動するなんて、乗り物に酔いやすい人を苦しめようとしているとしか思えません。ただ、たどり着いた後は入園まで距離があるので、ゲートまでには気分を回復させることができます。 

こうして何とか入口にたどり着いたとしても、中にも脅威はたくさんあります。ビッグサンダーマウンテンはもちろん、ホーンテッドマンションやカリブの海賊でも酔ってしまいます。

 

ディズニーランドでの乗り物酔いは致命的。普段の乗り物であればそこまで気にする必要はないけれど、なんといっても夢の国ディズニーランド。

ディズニーランドでアトラクションに乗って不調になろうものなら一緒に来て盛り上がっている友達のテンションに水を指しかねません。

 

ジレンマです。ディズニーランドで盛り上がるためにはアトラクションを楽しむ必要がります。けれども、乗り物に酔いやすい人はアトラクションに乗ると酔ってしまいます。

 

もちろん、乗らないという選択肢もあるし、同じ経験をしないだけで気にするような関係ではないですが、一方的に自分はそういう人間だと主張して、相手が受け入れることを期待するのはあまり好きではないです。

 

そもそも、僕だってアトラクションに乗って楽しみたいという気持ちがあります。

 

結果として、酔うとわかっていながらもアトラクションを楽しみたい気持ちが先行して挑戦したあげくに乗り物酔いでテンションがた落ちという恒例の流れが出来上がってしまいます。

 

乗り物酔いには本当に苦しめられていたのです。

 

一番心に残っているのは、高校生の頃に付き合っていた彼女とジェットコースターに乗り、下車直後にゲロを吐いてドン引きされてしまったことです。

 

僕はその日彼女にキスをしようと心に決めていたのですが、ゲロを吐いた時点で諦めました。人間は諦めが肝心です。仮にキスをしたい相手だったとしても、ゲロを吐いた直後は厳しいでしょう。

 

アネロンが乗り物酔いを解消する

どうでもいい前置きが相当長くなってしまいました。

 

劇的に乗り物酔いを改善する方法があるのをご存じでしょうか。

 

そう、酔い止め薬の服用です(超当たり前)

 

逆に、なんで酔い止め薬を飲まなかったのかというと、薬にそこまで効果があるのか疑問だったし、自力で乗り物酔いを治そうと努力していたからです。

 

けれど、今は自力で治すことをあきらめて、旅行時にはもちろん、ジェットコースターに乗る際にも服用することにしています。

 

おかげで常に旅行を楽しむことができるし、ジェットコースターに何回だって乗ることができます。

 

事前に服用しておくだけで、体感6割程度酔いを抑えることができます。

 

もし、もっと昔に酔い止めを飲む習慣を身に着けてさえいれば、こんなに辛い思いをすることもなかったのに・・・思い出したら悲しくなってきた・・・

 

乗り物酔いしやすい皆さん、薬に頼るのが一番だということ、今回の記事で少しでも乗り物酔いが緩和されれば幸いです。 

 

stockeizoku.hatenablog.com

 

stockeizoku.hatenablog.com

 

ではさいなら!