エスタロンモカ錠を飲んでカフェインの効果・適量を体感してみた

エスタロンモカ錠を飲んでカフェインの効果・適量を体感してみました。

 

どうも、カフェインマニアのとっけいです。

手軽にカフェインを摂取できるエスタロンモカ錠の紹介記事になります。

 

カフェインの効率的な飲み方

 

コーヒーに含まれていることよく知られており、眠気覚ましの効能があるカフェインについてご紹介します。

最近、国内でもカフェイン中毒による死亡事故が起こりました。海外ではこれまでも、カフェイン中毒による死亡事故が起こっています。これによって危険なイメージが急速に広まっていますが、異常な量やエナジードリンクのおかしな飲み方などしなければ死亡事故などありえません。用法・用量をおまもり下さいというやつですね。

 

 そもそもカフェインとは

 コーヒーから分離されたことからカフェインと名付けられました。中枢神経を興奮させる作用を持っており、その副次的な作用として、覚醒作用や集中力の向上などを引き起こします。

これらの作用があることを利用して、 エナジードリンクや警備員や長距離ドライバーなど夜勤の方の必需品であるブラックガムに含まれています。

 

コーヒーに含まれているカフェインは約50mg、エナジードリンクに含まれているカフェインは約100mgです。ちなみに致死量は10gなので、エナジードリンクで換算すると100本以上必要となります。この量は個人差や体調により変動することを考えると2g以上摂取するのは避けるべきです。

※下記記述しますが、体験として一度に500mg以上摂取するのは避けたほうがよさそうです。

 

 起きていたい時間の30分前の摂取がおすすめ

 カフェインの効果が表れるのは、摂取30分程かかるため、眠ってはいけない時間の30分程前や眠気の襲う昼食後に飲むことが好ましいです。一方で、半減期が5時間のため、睡眠の直前のコーヒーなどは避けたほうが良いでしょう。

 

カフェインを摂取する目的で毎回コーヒーを飲むとお腹を下してしまう人も多いかもしれません。そういう際にはエスタロンモカ錠をお試しください。一錠でコーヒー約2杯分(100mg)のカフェインが含まれています。

  

 

 

一錠飲むと集中して物事に取り組めるため、大事な用事や、勉強するときにはいいかもしれません。

※用法・用量を守ってご使用ください。

 

体験:何mgまで大丈夫なのか 

エスタロンモカ錠を1-6錠まで飲んでみました。(100mg/錠)

 

・1-3錠

集中力高まっているのが感じられます。眠気もスッキリ消し飛びます。

 

・4-5錠

なんだか意識が体の外側に向かってしまう、集中しようと思っても気が散って仕方がない!!

覚醒度が高まっているけれど、周囲のいろんなことが気になってなんだか集中しにくくなります??眠気は全くでてきません。

 

・6錠

 

ドキドキする!!!心臓もバクバク!!!

 

覚醒度が高まりすぎて逆に落ち着きませんでした。不安感が強まって、心臓の拍動が早くなるだとか体が心配になってきます。

 

 これ以上は怖いので、6錠までとしました。一度に摂取するのは500mgまでにしたほうがよさそうですね。集中力を高めたいからといって、過剰に飲むと逆に不安感が出てきて集中できなくなります。

 

まとめ

・起きていたい時間の30分前に服用

・200~300mg(2~3錠)服用すると集中力が高まった状態でいられる

 

※眠気が飛ぶといっても身体は疲れているので、睡眠は必要です。疲労感は消えないですし、眠りたくても眠れない状態になるので、無理はやめましょう。

 

いろいろ書きましたが、利用するようになってから、必要な時に覚醒度の高い状態で起きていられるため、非常に重宝しています。

stockeizoku.hatenablog.com

 

おまけ:頭は良くなる?

残念ながら、頭が良くなる効果はありません。というより、頭をよくする薬なんてものがあるとは思えません・・・地道に自分の身の回りの物事をよくする方法を考え続けましょう。

 

 一方で、脳の機能を高める薬は存在しています。

 

stockeizoku.hatenablog.com