読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章力がみにつくおすすめ本5選

どうも、とっけいです。 プライベートから仕事まで文章を書く機会は多くあります。しかしながら、文章の書き方については義務教育でしっかりと教わることがなく、多くの人が独学で身につけているというのが現状です。そのため、文章を書く機会・読書習慣を持…

超簡単お金の運用術を読んで身に付いた6つのタメになる考え方

こんにちは、毎週宝くじが当たることを祈っているとっけいです。 夢ばかり見ていないで、そろそろ堅実にお金の運用について知識を身に着けようと「超簡単 お金の運用術」を読んだところ、非常にタメになる考え方が載せられていたので紹介したいと思います。

【マインドマップ】アイデア発想力・想像力を高めるおすすめ本5選

こんにちは、とっけいです。 アイデアを求められても、誰もが頭に思い浮かべるようなありきたりな発想しかできないで困ったという経験、あると思います。 今回はそんな状況を打破する、発想力・想像力を高めてアイデアを次から次へと出す思考法について書か…

漫画おすすめランキング70!

こんにちは、とっけいです。 表題の通り、ギリギリ20代、平均的サラリーマンの僕が面白いと思うマンガのランキングを作ってみました。 スポーツ・ラブコメ・シリアス・バトル・ロボット・青春・シリアスなんでもござれでランキングを作っています。対象を…

本当に怖いホラー小説おすすめランキング20!

僕は怖い映画や小説が好きだ。かといって怖いものに耐性があるわけじゃない。というか怖いものは人一倍苦手だ。怖いものを見たり読んだりした後にはお風呂やトイレに行くために勇気を振り絞らないといけなくなる。眠るのだって怖い。けれども怖いものにどう…

完全教祖マニュアルを読んでみた【書評】

前回の記事で催眠術について書いたけれど、そこで気になったのが怪しい宗教とか団体のこと。ちょうどいい切り口で紹介している本はないだろうかと調べてみたところ、「完全教祖マニュアル」なるものが見つかった。 なんだか面白そう!ということで、今回は「…

催眠術の教科書を読んでみた【書評】

先日テレビでタレントが催眠術にかかるという企画があったが、本当にかかるものなのか見ている限りでは判別は付かなかった。かけられた人たちは、身の回りの人が裸に感じられたり、ティッシュを引き抜くだけで快感に身を悶えさせたりと、確かに異様な雰囲気…

女流官能小説の書き方を読んでみた【書評】

女性が官能小説を書いていると思うだけでなんだか淫靡な香りがするというのにその書き方が読めるなんてサイコー!! キャッチコピーには、「妄想好きなら誰でも書ける。人物設定、ストーリー、濡れ場、用語まで第一人者が徹底指導。」とある。 妄想好きなら…

ティラノサウルスはすごいを読んでみた【書評】

前回はアリについての記事を書いた。アリンコというと、小さい・弱いイメージがあるけれど、今回はそういったイメージの対極にある恐竜についての本、「ティラノサウルスはすごい」を読んでみた。 stockeizoku.hatenablog.com 小さい頃僕は恐竜が大好きだっ…

裏声のエロスを読んでみた【書評】

先日、自転車に乗りながら裏声を出す奇行種に関する記事を書いたが、今回はこれにちなんで、裏声の本、「裏声のエロス」を読んでみた。 裏声とエロス、何かを彷彿とさせるには十分すぎるほどのキーワードチョイスだ。正直、官能小説のタイトルだといっても通…

【書評】決してふしだらではない「乳房論」を読んでみた

乳房! 皆さんは乳房が好きだろうか。僕は大好きだ。胸を張って言える。 僕が乳房に対して抱いているイメージは、母性の象徴・性的衝動を掻き立てる記号・エロい・触りたい・ミルク・お椀型・陥没、などなどであるが、今回紹介する乳房論を読んで、その理解…

働かないアリに意義があるを読んでみた【書評】

僕のプロフィールはアリの写真を使っている。これにちなんで今回はアリの本、「働かないアリには意義がある」読んでみた。 決して「アリ」を「ヒト」に置き換えたら・・・などと考えてはいけない。

潜在意識やラポールに対する理解を深めるためのおすすめ本6選

最近、なにかと心の問題が取り沙汰されているきがするので、潜在意識に対する理解を深めるための本を紹介したいと思います。 潜在意識ってそもそもなによ?っていうと、自分で自覚できない意識のことです。 意識には顕在意識と潜在意識の2種類が存在していま…

幸せになる明晰夢の見方を読んでみた【書評】

最近なんだか楽しいことが少ない・・・面白いことはないか・・・現実にはもしかしてないのか・・・そうだ明晰夢を実践してみよう。ということで、残された最後のフロンティアである明晰夢に挑戦してみました。

「交渉力」を強くする―上手な交渉のための16の原則を読んでみた 【書評】

「交渉力」を強くする―上手な交渉のための16の原則 ビジネスでの商談・日常の取引・約束事など、生活の中でも交渉する場面はたくさん存在しています。その際、つい人の良さや持ち前の正直さから、相手に有利な条件の話を飲んでしまうことが多い、という方も…

3日もあれば海外旅行を読んでみた【書評】

3日もあれば海外旅行 休みがとりずらい日本人ならではの旅行のしかた、旅の技術が書かれています。私にとっては海外旅行にはお金と時間がかかるイメージがあったのですが、本書を読んで海外旅行のハードルがめっきり下がりました。 と言いつつも本当は海外旅…

短期間でTOEICスコアを急上昇させるおすすめの参考本5選

短期間でTOEIC高スコアを取得する方法 今回、私がTOEIC受験の際に参考にした、書籍をご紹介します。 後述する書籍を用いて学習することで、一年足らずでTOEICのスコアを500以上上昇させることに成功しました。(現在:960) 自らの苦手分野や、伸びしろのあ…

上達の法則を読んでみた【書評】

上達の法則 概要 上達のためには努力が必要であり、そのためにより効率の良い努力をするべきであると主張する著者。本書では効率の良い努力を実践するための方法論を、記憶の仕組みや中級者・上級者では何が違うのかという点から説明しています。後半には具…

コミュニケーションのための催眠誘導を読んでみた【書評】

コミュニケーションのための催眠誘導 概要 他人の心を開き同調するために、意識ではなく無意識へアプローチする方法を詳細に説明しています。姿勢・腕組の形・服装・視線の配置などから、表現の仕方・理解の仕方が異なる外交的なPタイプ、内向的なEタイプへ…

洋書初心者の多読デビューにおすすめの本5選

洋書を読もう 英語学習をしている人なら、いつか自分も洋書をサラサラ~っと読めるようになりたいという願いを持っているのではないでしょうか。洋書を読みたいけど、ハードルが高くてなかなか踏み出せない・・・そんな悩みを抱えているかもしれません。 確…

【リーディングからスピーキングまで】ネイティブ並みの英語力が身につくおすすめ本6選

英語力は日本でもあらゆる場面で求められる 学校・職場で一定以上のTOEICスコアを求めらたり、業務上英文の読み書きが必要であったり。そうでなくとも、街中で外国人に道を尋ねられたりと英語力はあらゆる場面で求められます。 こういった機会をなんとなくや…

論理的思考を鍛えられるおすすめの本5選

こんにちは、とっけいです。 日常生活~研究・ビジネスまで論理的思考はあらゆる場所で求められます。 話に矛盾がある、と指摘されたことはないでしょうか。あるいはアイデアを出した際に、もう少し考えをまとめてから話して欲しい、何が言いたいのか不明瞭…

【入門】初心者におすすめ!簿記・会計知識が身に付く人気本3選【わかりやすい】

社会人に簿記・会計の知識は必須と言われています。 一方で、新聞の経済面を読む際、知識不足で読み取れないといった経験をしている方も少なくないのではないでしょうか。 私自身、社会人として数年過ごしてきましたが、恥ずかしながら会計の知識などなくて…